星空チョコレート

オリジナルBL小説サイトです。彼と彼の恋愛を描いた、せつないお話をお届けします。

#4『にじのかなたに』Epi.2 アメリカドルの仕事(1)

『にじのかなたに』もくじ ◀︎Back Next▶︎ ──ルカ! ルカ! 幼い女の子の笑いさざめく声で、ルカの眠りが破られた。 毛布が足元の方からめくられ、まだベッドの中で眠りをむさぼろうとする彼の足裏を、小さな指がいたずらしていく。 ──ルカ! ルカ! 朝よう、…

#3『にじのかなたに』Epi.1 ブコバル(2)

『にじのかなたに』もくじ ◀︎Back Next▶︎ 「承知してますよ」 ポールがゆっくりと答えた。 僕たちは、戦争というものの深部まで入り込もうとしているんだ──エドは今更のようにそう思った。 パスポートと報道許可証が返された。クレアとオカザキが車に乗り込…

#2『にじのかなたに』Epi.1 ブコバル(1)

『にじのかなたに』もくじ ◀︎Back Next▶︎ 破壊される前、あのビルは、いったい何だったのだろう? 大型のバンを走らせながら、エドワード・パーカーはぼんやりと考える。 行く手に半倒壊したビルがある。建物のほぼ半分は完全な瓦礫と化し、残りの半分は、そ…

#1『にじのかなたに』Prologue

『にじのかなたに』もくじへ ▶︎Next 不思議な写真だった。 若い男性2人と、小さな女の子が1人。 見知らぬ3人が写っているだけなのに、その写真は特別な雰囲気を漂わせていて、なぜか私の目を惹きつけて離さなかった。 アメリカ人は、やたらと家族や友達の…

視点のありか、音楽のような言葉。

こんばんは〜♪ 星空チョコレートです♪ 12月になりました。 クリスマスが近づいてきて、冬の街に出かけると、なんだか、うきうきします♪ 今日はジムに行ってきたのですが、そのジムはショッピングモールの2階に入っていまして、1階にベイカリーがあります。 …

【短編】【R18】腕に閉じこめて(3)

◀︎「腕に閉じこめて」第1話 ◀︎「腕に閉じこめて」第2話 止まっていた時計がふたたび動きだすように。 そむけられていた顔が、ゆっくりと暁彦のほうに向きなおり、縮こまっていた筋肉から、力がぬけていく。 「ごめん、俺、急ぎすぎたな。……もっと、ゆっく…

十人十色。

こんにちは〜♪ 星空チョコレートです♪ あー、ようやく、待ちに待ったお休みの日です。 いろいろ♪ やりたいこと盛りだくさん! アレもコレもやりたい、見たい、聴きたい、書きたい、読みたい♡……と思っていたのですが、今朝は10時半まで寝てしまいました… あー…

【短編】【R18】腕に閉じこめて(2)

◀︎「腕に閉じこめて(1)」へ 「アキ」 ものすごく甘ったれた声で、名前を呼ばれて。 春樹の左手が、泳ぐひとのように、シーツのうえで動かされて、何かを探している。 ああ、俺の手だ、と気づく。 俺の手を探してるんだ。握ってほしくて。 だからその左手をひ…

【短編】【R18】腕に閉じこめて(1)

以下の短編の続編になります。よろしければ、こちらからどうぞ。 腕に閉じこめて、キスからはじめると、とたんに春樹の体は、色がついたようになる。 暗がりでもはっきりわかるほど、体全体が上気したみたいになって、さまざまな場所がうっすらとあかく染ま…

右往左往が荒ぶるカタチ

こんにちは〜♪ 星空チョコレートです♪ 寒くなってきましたねー。 皆さま、いかがお過ごしですか? 私は、北の大地に暮らしているのですが、今年の初雪が私の町に降ったのは、11月7日でした。 例年と比べますと、これはとても遅い。たいてい、10月末のハロウ…